ゲーム実況は夏休みが勝負になる理由

こんにちは、とまりぎです。

今回はいわゆる「バブル」期と呼ばれている夏休み期間中、ゲーム実況者はどうすればいいの?という疑問に答えようと思います。

夏休み期間は「バブル期」ではない

勘違いしている方が多いですが、夏休み期間というのは「何も工夫せずとも再生数が伸びる楽な時期」なんかではありません。

それでは一体夏休み期間って何なんでしょうか?一言で表すなら…

視聴者の「転換期」

つまり、今いる視聴者たちが離れ、新たな視聴者が流れてくる時期です。

YouTube、とりわけゲーム実況界というのは学生層を取り込めるかどうかで再生数が大きく左右されます。いわゆる大人向けのゲームを実況していても同様です。

この時期、部活を引退し受験まで暇になった中学3年生を中心として、普段YouTubeを見ない層、そしてこれから見る学生の層が大量に流れ込んできます。なぜそれが夏なのかは僕も良く分かりませんが、コメントで見る限りそんな感じです。

この層を上手く取り込めれば「バブル」が訪れるという訳です。

夏休みの怖い副作用

実は夏休みブーストには怖い副作用があります。先ほど「転換期」と表現しましたが、流入が行われるという事は、同じだけ流出していくという事です。つまり

この時期に新規視聴者を稼げないとオワコン

ってことです。この記事を見てくださっている方がどのくらいの活動年数なのか分かりませんが、1年以上活動している方なら思い当たる節もあるかもしれませんね。

「登録者が多いのにあまり再生数が伸びていない」とよくオワコン呼ばわりされたりしますが、これが原因だったりします。

別に嫌われているわけではない、動画の質や頻度が落ちたわけでもない、それでもオワコンになってしまうのはこの時期に新規の視聴者を稼げなかったことが1つ大きいと思います。

何でこんなに熱く語るかって?僕がそうだったからですよ!!!w

まとめ:夏休みは新規開拓の時期!

良くも悪くも新規を獲得しやすい時期です。この機会にいつもとは違うゲームや動画の方式を試してみるのはいかがでしょうか?

以上、参考になれば幸いです。